表現


写真はその一瞬を残すものだと思います。その写真に込められたカメラマンの気持ちが詰まっています。今回もアキヒサさんが沢山の写真を撮ってくださいました。勿論プロでもないし、良いカメラを使っているわけではありません。選手に対する気持ち、彼女の感性が表されている、そんな写真です。


ただ撮っているわけで無いはずです。選手だけにフューチャーせず、セコンドの内村さんや僕にまで目を向けています。

いつも言っています、格闘技は個人スポーツですが、チームスポーツでもある、と。選手一人で強くなることはできません。それは選手が一番分かっていると思います。選手でないアキヒサさんもこうやって力になってくれます。





たかが写真です。僕ら以外この写真を見ても何も伝わることは無いかもしれません。ですが、僕らにはかけがえのない人生の1ページとして残してもらえるのはありがたいものです。選手はマットの上で今までの自分を表現します。アキヒサさんはそれを彼女の感性で表現してくれました。

サポートの仕方は色々なのです。お願いしなくても手伝ってくれる皆さんに感謝しかありません。

ところで撮影は主催者的のOKだったのだろうか…?

■公式サイト:http://www.hidemiyoshi.jp
■入会案内:http://www.hidemiyoshi.jp/join/
■Blog in English:http://hidemiyoshi.blog135.fc2.com
■facebook:http://www.facebook.com/
■twitter:http://twitter.com/
■加圧トレーニング:http://www.next-stage34.com


コメント

このブログの人気の投稿

2月25日

ヤンキー学校の教頭先生

忘年会