ゆーまという男


ゆーまと出会ったのは彼が小学校3年生か4年生のコロです。柔術と柔道を間違った浅見さんが「柔道強くしてください」と言って連れられてきました。その頃はとてもぽちゃぽちゃしていて可愛かった。(笑)常に上着のどっかを触りながらいじいじと照れながら小さい声で喋る子でした。そんなゆーまがK1アマチュアのトーナメントに挑戦しました。

結果は残念ながら優勝候補(僕の中で)相手に1-2のスプリット判定で負けました。凄く頑張ってきただけに悔しかったと思います。泣けるだけやってきた…それは本当に青春です。

ゆーまは高校の時に少しだけ道を外しそうになりました。学校に行かず友達と遊んでいる時期もありました。学校には行かないけれど、HIDE'S には来ていました。親には「学校に行っている」と嘘をついて。しかし踏み外しそうな道を生徒達と色々話すことによって「理学療法士になる」という目標を見つけました。目標が定まってからは学校に行くようになり1年半のブランクを埋めるべくヒデズを一旦辞め勉強に専念しました。滑り止めの大学は受かったものの、本命にどうしても行きたくて浪人して翌年見事受かりました。受かってからはまた好きなキックボクシングを再開。この日の為に頑張ってきました。

やっぱり頑張ってきたからこそ悔しい敗戦…これからまたさらに頑張り強くなると思います。「頑張っている人は必ず誰かが見てくれている」僕が鶴瓶さんに言われた言葉です。まさにゆーまはそう言う事です。アマチュア、2分1R、入場料3000円以上…なのに沢山の人が応援に来てくれました。結果2分、120秒の為に。この120秒に沢山の意味が詰まっているという、彼なりの男を見ることが出来ました。競技として、男として、これから成人として強くなる事を祈っています。

ゆーま、よくやった。お疲れさま。そして応援に来てくれた皆さま、何も言わないでもセコンドについていくれたダル、シュンタ、最後に卯月さんありがとうございます。



■公式サイト:http://www.hidemiyoshi.jp
■入会案内:http://www.hidemiyoshi.jp/join/
■Blog in English:http://hidemiyoshi.blog135.fc2.com
■facebook:http://www.facebook.com/
■twitter:http://twitter.com/
■加圧トレーニング:http://www.next-stage34.com




コメント

このブログの人気の投稿

寝技の楽しさ

花井岳文という男

お詫び