蝶々の心臓 石川祐樹写真展

新宿御苑にあるギャラリープレイスMにて、トライフォース青山代表の石川さんが娘さんの写真展をやっておられます。そこに顔を出してきました。

皆さんご存知の通り娘さんは心臓を患っています。生まれてすぐに胸を開き手術。それを何度も・・・『生まれてきてありがとう。』『一緒にいてくれてありがとう。』そんな気持ちが伝わる写真展でした。こんな時に何と言っていいのか、僕のATAMAでは分からないので『ここらへん美味い店があるんで行きましょう。』としか言えませんでした。

生まれたての娘さんの胸に生々しい長い傷、繋ぎ合せる糸、お腹から出ている管・・・そこには『現実』が展示されていました。また、元気な姿、現在の元気そうな『今』の写真もありました。

実をいうと、石川さんの写真展『蝶々の心臓』に行く前にもう一つギャラリーに行ってきたのです。こちらの写真はリストカットしている女性の裸の写真でした。生きたくてメスを入れ傷を作る、生きるのが嫌で自分を傷つける…あまりにも対照的で・・・(生きるのが嫌かどうかは定かではないがそうとれた)写真は色々なものを伝えてくれます。

その後に食事に行きました。イタリアン、フレンチ、和食…色々提案したのですが、やはり『うどん』に決まりました。(無類のうどん好きの石川さん)『うどんはドラッグだ!』と店内で叫んでいたとか、いなかったとか…(実際に言っていました。)その後コーヒーショップにて2時間近く話し込みました。石川さんの『覚悟』や『思い』を聞きました。こればかりは体験したものしか分からないであろう話でした。

他にも道場の話、道場外の話、アノ男の話…有意義なひと時を過ごすことが出来ました。久々に『等身大の石川祐樹』をポートレート出来た夕べでした。


■公式サイト:http://www.hidemiyoshi.jp
■Blog in English:http://hidemiyoshi.blog135.fc2.com
■facebook:http://www.facebook.com/
■twitter:http://twitter.com/


コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

花井岳文という男

寝技の楽しさ

お詫び