先輩として

格闘技は一人では出来ません。出来てもシャドー、打ち込みくらいでしょう。それも何かしら教えてもらってではないとできないでしょう。相手あっての格闘技だと思うのです。勿論どのスポーツもそうでしょうが、格闘技は特に相手を制す、倒すありきのものです。強いて言えば『相手』を『大事』にする競技ともいえるでしょう。

矛盾しているように聞こえるでしょうが、『相手』とは『仲間』であり『練習相手』なのです。傷つけてしまう事もあるでしょうが、最低限自分の配慮で 傷つけない って事が出来ると思います。

入会したての人、経験の浅い人には難しいと思います。誰がやる?勿論僕が目を光らせております。しかし、クラスの人数が多くなれば行き届かなくなります。そこで経験ある『先輩』が思いやる、気遣うってのが必要となってきます。

ある道場で見た光景です。先輩が道場の真ん中でガツガツ自分だけの練習をしていました。周りにいた後輩生徒の群れに突っ込んでも何とも思わない、そこに居たお前らが悪い・・・そんな練習でした。僕はそこの練習ではそれで良いと思います。そこの道場のルールですし、実際突っ込まれたところで自分が怪我したら僕が悪いとも思います。ですが、うちの道場ではそれはしたくないのです。
プロ製造道場でしたらそれくらい気迫のある練習をしなくてはなりません。常に緊張感のある練習に勝ち残ってこそプロのリングで勝てると思うのです。

HIDE'S KICK!はゴリゴリプロがいる道場ではありません。ハッキリと『和気あいあい道場』と言い切れます。プロも出来ない・・・淋しい気もしますが。

先輩は色々な気の使い方があると思います。書いていたらキリがないと思うので割愛しますが、普段僕がきつくいった事がそういう事だと分かってくれれば幸いです。

写真はマスカラースケが僕の似顔絵を描いてくれました。気遣いが見られます。全く似ていません。



■公式サイト:http://www.hidemiyoshi.jp
■入会案内:http://www.hidemiyoshi.jp/join/
■Blog in English:http://hidemiyoshi.blog135.fc2.com
■facebook:http://www.facebook.com/
■twitter:http://twitter.com/

コメント

このブログの人気の投稿

2月25日

GWの予定(改)

初道場