親父から息子へ・・・


卯月さんテコンドー引退試合に行ってきました。相手は実の息子ヨシキです。ヨシキは卯月さんとは正反対の、無口で大人しいイケ面です。(笑)今まで何度も試合する予定があったらしいのですが実現せず、今回やっと実現したという事らしいです。試合の結果は延長の末、親父卯月昇に軍配が上がりました。しかし今回は試合結果ではないのです。親父の想いを伝えられたかどうかなのです。息子ヨシキから電話がありました。
『お父さんは強かった。やってよかった。』
ジンと来てしまいました。

卯月さんはシングルファーザー、色々とあったそうです。父親らしいことが出来ていないと言っていました。息子としても辛いことが沢山あったのだと思います。しかしテコンドーという競技を通して、師弟関係でありながらも親子の絆は切れることは無かったそうです。僕が知っている限りではとても素晴らしい親子だと思います。卯月さんは口が悪いながらも、息子ヨシキの自慢をしています。ヨシキも無口ながらも父親の言うことをしっかり聞き、立派な好青年となっています。

卯月さんと知り合ったのは2001年、今行われているRISEの元となった大会です。僕のデビュー戦と同じ大会に出ていました。僕は1試合、卯月さんは3試合目だったと思います。結果のことは置いといて、それからの付き合いとなります。長くなりました。そしてこれからも続くでしょう。

卯月さん、昨日はお疲れ様でした。ヨシキ、良く頑張ったね。皆に沢山のことが伝わったと思います。HIDE'S KICK!の皆も感動していました。ありがとうございます。

コメント

このブログの人気の投稿

ヤンキー学校の教頭先生

新年あけましておめでとうございます

上達するコツ