たっぷりタップ



寝技は自ら負けを認める『タップ』というモノがあります。口頭で言う『まいった。』『ギブアップ。』や、相手、マットを手で叩く(足でマットをたたく場合もあります)方法でまいったの意思表示ができます。これは屈辱的とも取れますが、ケガをしない為の防御でもあると思っています。練習では我慢する必要はありません。僕は試合でも我慢する必要はないと思っています。『限界まで…』と試す必要はないのです。逃げられない、これは痛いと思えばスグにまいったをして下さい。

あとはMMAや海外でもたまに見られる『必要以上の極め』は意味が無いことです。僕は練習では相手がまいったをしていなくても離してしまいます。別にまいったさせるところには拘りはございません。試合では折るでしょうが、練習ではそんなことはしません。

打撃はどうでしょう?うちでは基本ガチンコのスパーリングは禁止しております。ガチは選手が試合前の数週間くらいなものです。アマチュアでどうしてもバチバチやりたいのであれば試合に出ることを勧めています。試合なら心置きなく思いっきり出来ます。試合は毎週のようにどこかでやっております。多少ルールが違うかもしれませんが、どのルールでも対応できるように練習は行っております。

打撃では途中でまいったってのはし辛いものです。『これが当たればKOされる!まいったしよう。』ってことは出来ませんよね。なのでガチスパーは禁止しております。過去に大きなケガをした人がいます。勿論元プロだったり現役プロです。一般の方がアツくなるようなら周りが止めたり、注意してくれたりします。

逆を言えばプロ選手は育ちにくいとも言えます。それでも良いのです。楽しく長く練習できた方が、皆さんの為、格闘技の為になると思っているからです。

写真の★団長は400戦無勝全敗という素晴らしい肩書を持っています。勿論そんなの嘘ですが、それくらいタップの数は多いのです。『一日で煩悩の数よりタップした!』という逸話もあります。そんな団長も大きな怪我もなく(肋軟骨がちょっと何とかなったくらい)細ーく、長く続けておられます。それで良いと思います。楽しく安全に、そして時には激しくを長く続けられるのが一番です。


■公式サイト:http://www.hidemiyoshi.jp
■入会案内:http://www.hidemiyoshi.jp/join/
■Blog in English:http://hidemiyoshi.blog135.fc2.com
■facebook:http://www.facebook.com/
■twitter:http://twitter.com/


コメント

このブログの人気の投稿

ヤンキー学校の教頭先生

パーソナルトレーニングジム渋谷

新年あけましておめでとうございます