丈夫こそ財産だ


ダウンは試合でアバラがイったかと思いましたが大丈夫のようです。今日から復活すると小倉さんづてに連絡が来ました。韓国人ってタフですね。どうやったら我々もタフになるのでしょうか?

怪我しない選手は伸びますね。だって練習がずっとできますもん。怪我して見取り稽古するより、怪我しないで練習した方が強くなります。逆を言えば強い選手は怪我が少ない!お相撲を見てもそうです。

鶴竜関が横綱になるようです。これで3横綱になりました。皆さんモンゴル人。彼らの体を見てほしいのですが、ほとんどテーピングなど巻かれていません。大関以下を見ているとテーピングだらけ。つくづく身体が強い方が上に上がれるのだなと…格闘技界でもそう言えるでしょう。長く出来るのは身体が強い証拠です。

僕は怪我で泣き続けています。予防、強化などもしてきましたが、根本的に上には行けない弱い体なのでしょう。それを受け止めたうえで指導者の道を選びました。丈夫ならMMAにも挑戦したかった…今になって思います。



■公式サイト:http://www.hidemiyoshi.jp
■Blog in English:http://hidemiyoshi.blog135.fc2.com
■facebook:http://www.facebook.com/
■twitter:http://twitter.com/


コメント

このブログの人気の投稿

ヤンキー学校の教頭先生

新年あけましておめでとうございます

パーソナルトレーニングジム渋谷